美肌になる洗顔法とは?

美容


美肌になる近道の一つは洗顔になります。

洗顔方法が正しくないとその後にどんなに化粧品でのケアや

マッサージを頑張っても効果が薄くなってしまう可能性があります。

正しい洗顔方法とは?

やってはいけないこと

・熱いお湯でバシャバシャと勢いよくすすぐ

・1日に何度も洗顔料を使って洗う

・汚れを落としたいあまりゴシゴシとこする

 

1、洗顔は1日2回まで

皮膚には肌の水分を保持したり、外部から異物が侵入したりするのを防ぐバリア機能があります。

皮膚の表面を覆っている『皮脂膜』と、皮脂膜の下にある『セラミド(細胞間資質)』がその役割を担っています。

洗顔をしすぎると肌に必要な皮脂や肌のうるおいを保つセラミド、NMF(天然保湿因子)を

洗い流してしまいます。

その結果、水分が蒸発し肌は蒸発し肌は乾燥、バリア機能を弱めてしまうのです。

 

泡、力加減、湯温。この3つを守っていきましょう。

 

洗顔の目的を知っていますか?

洗顔の目的は、肌上に残った油分や油脂、浮き上がった角質を洗い流すことです。

ゴシゴシ洗ってします、それだけでシワの原因になってしまうのです。

 

不要なものだけを落とす

 

これに徹底するには

まず泡が大事です。

吸い付くような濃密泡

このように手を下にしても落ちない泡がいいですね。

 

このような容器をつかうともっちり泡って簡単に使えます。

これはダイソーなどでも簡単に買えますよ。

 

泡の吸着力で、古い角質や毛穴の汚れを吸い取ります。

泡で洗う感じですね。

 

肌が動かない力加減

洗う時の力加減ですが、”肌が動かない程度”の弱い力をキープがいいでしょう。

 

すすぎの湯温は30〜34℃(ぬるま湯)

 

入浴中の湯での洗顔がなぜだめなのか

  • 皮脂の取りすぎになる
  • セラミドなど天然保湿因子(NMF)の流失を招き乾燥する。
  • 肌が乾燥するとキメが粗くなり、毛穴が目立つようになります。

 

冷たい水での洗顔はなぜだめなのか

  • 落とさないといけない皮脂が洗い流せない
  • 顔は引き締まるけれどその持続は30分ほどしか続かない

→皮脂が残ってしまうと、皮脂の中の油脂成分が酸化し、過酸化脂質に変化して

不安定な物質へと変わります。

この過酸化脂質は、肌に刺激を与えて活性酸素を発生させ、炎症を引き起こす原因になります。

活性酸素の影響を受けるとシミやくすみ、ニキビなどのトラブルの原因になると言われています。

 

 

洗顔法だけで美顔になれるのなら試してみる価値はありますよね。

毎日のことなのでぜひ実践していきましょう。