4人の子供の1ヶ月のお小遣いを決められなかった私が、子どもが自立して生きるために提案したとっておきの方法とは?

お金のこと

【お小遣いの考え方】はどちらかというと
きめられた額があるとか
お小遣いはそもそもないとダメなのか
ネガティブなイメージがあるように思います。
でも私は【お小遣いの考え方】に対して
もの凄くプラスのイメージを持っていて
【実際にお小遣い帳を記入すること】をしてこなかったら
絶対に発見できなかったと思えるほど
【お小遣いを渡す意味】ということに魅力を感じています。
このことを知っていただくと
もしかしたら【お小遣いのあり方】を
ネガティブに感じていらっしゃる方も
【お小遣いのありかた】を楽しいと思ってもらえるかもしれません。

最後までお付き合いいただけたら幸いです。

それぞれの年代にあわせたお小遣いの額をあげていたけれど、本当はいくら渡したらいいのかわからない

お小遣いの額というと、だいたいいくらぐらい渡しているのかわからなくて
ネットでリサーチして大学生には1万円、高校生には5000円、
小学5年生、3年生には1500円を渡していました。
ですが、大学生や高校生になると友達付き合いもあって
休みの日になにかとお小遣いをせがまれていたのです。

なので何にそんなにお金を使っているのかを把握することから
始めました。

まずは格好からはいろうと、それぞれが好きな柄のお小遣い帳をえらんでもらって

 

こんな可愛いのを購入

 

 

大学の兄、高校の姉には自分で購入したものを

小学生の2人には
スーパーについていって、自分の好きなお菓子を

買ってもらうことにしました。

 

そして、購入した商品の値段のかいてあるレシートを見ながら
『このようにかくんだよ』と見本を見せた後に
本人たちに書かせてみると

新しいものを始めたのが嬉しかったのか、母と何かができるのが嬉しかったのか
喜んで書き始めていました。

 

 

ところが3日もしないうちに全く書いていないノートを見つけたのです。

 

記入しないとお小遣いをあげない!お小遣い欲しい子どもたちがお小遣い帳に記入し始めた♡

お小遣いの把握のためにどうにか記入してもらおうと
一緒に書く時間を作ったり、わかりやすいようにマーカーやシールを
つかって可愛くしたりと子供たちが楽しくつけられるように
したのですが全く続かず・・・

これは強硬手段をとらないとお小遣い帳には記入しないと思い
何につかったか記入しないのならお小遣いは
あげないというルールに変えたのです。

ただ記入するだけでは、お小遣いの意味がない

そうすると、お小遣い欲しさに毎日記入することになった子供達でしたが
半ば強制のようになってきたため
親子関係がギクシャクするようになり
『なんでここまで書かせなきゃいけないのかなー』
『私は、お小遣帳をかかせてることによって何がしたかったのだろう』と
私のやり方になにか間違ってたのかもと不安になってきました。

 

お小遣い額、交渉制度を提案

子供たちがどのぐらい欲しいのかということを
把握するために
『これぐらいかかるから何円お金が必要だ。』ということを
提案してもらおうと思いました。

 

そうすると、自分が必要な物の値段もわかるし
なぜその物が欲しいのかがわかると思ったからです。
でもいちいち交渉することになれていない子供達からはブーイングが・・・。

 

しかし、負けずにこの方法を続けてみることにしました。

 

お小遣いがどのぐらいあれば自分の欲しいものが購入できるのか考えるようになった

最初はぶっきらぼうに『いろいろいるから1000円ちょうだい』といっていたのは高校生の長女。
1番抵抗なく交渉してきたのは
次男(小学3年)の男の子でした。

最初は『消しゴム90円、算数のノート110円で200円ちょうだい』からはじまり
私『消費税は?』
次男『10%の20円やから220円やな』

と会話が広がっていくようになるのです。

そうすると、そのやりとりをみていた小学5年生の次女が
そのようにお母さんに伝えるといいのだと理解し
はずかしながらも『これが欲しいし〇〇円するし、〇〇円、お小遣い欲しい・・・』と
話してくるようになりました。

この方法は、本当に購入するものが必要か考えながら提案するので
無駄にたくさん買いすぎたりしないし
以前に購入したことを記録できるので
無くなったときに
『この日に購入してるけどどこに無くしたの?』と聞くことができる。

子供達にとっても、私にとってもいい方法かもと思えたのです。

なぜそのお小遣いの額が知りたいのかということを交渉することによりそれにみあったお金の額を渡すことにした

ここで、お小遣いの提案をさせる時の注意として3つ提示してみることにしました。

・どうしてその額がほしいのか理由を言うようにする。
・お小遣い帳を持って提案する。
・お小遣いをもらったら財布の中にしまう。

この3つルールに従い提案させると、子供たちははじめこそ
戸惑いがあったけれど、意外とすんなりしてくれるようになっているように思えました。

自分にとってのお金の価値や欲求について伝えることで、人の心を動かす提案力がつき、自立しつつある子どもたち

子供達それぞれがいくら欲しいのかを交渉させることによって
子供にとっては
物の値段がこのぐらいなのかと知ることもできるし
もっとお小遣いを有効に使うために、お得な商品をさがしてみようという
行動力につながっている。

私にとっても、それぞれの年代や性別に毎月いくら必要なのかが把握できるし

子供とあーでもないこーでもないと議論ができる。

子供の時から自分の意見を発することができるのは、今後世の中にでたときに
必要となってくる要素で、子供の自立に確実につながっている気がする。

まとめ

最初はお小遣いをつけさせることでお金の大切さを教えたいと思っていましたが

実は記入し続けるという方法はハードルが高いということに実際にかいてみて

気づくことができました。

今回の自分がどうしても欲しいものを手に入れるまでに

相手に交渉して手に入れるという方法は、生きていく中で

どんな場面でも必要になってくると思うので

やってみてよかったなとおもいました。