糖質制限ダイエットは本当に痩せるの?メリットとデメリットを徹底解説

ダイエット

こんにちは。最近糖質制限ダイエットが流行っていますね。

『甘いものは食べない』

『お菓子は絶対に食べたらダメ』

『炭水化物には糖質がたくさん入っているから食べたらダメ』と

いっている方をよくみます。

 

コンビニによると、パンにおにぎりにパスタにお菓子に・・・

 

糖質ばっかりで食べるものがない・・・

 

とおもわれているのではないでしょうか?

 

今回は本当に糖質制限すると痩せることができるのかいうことを

検証していきたいと思います。

 

糖質制限ダイエットとは?

 

 

糖質制限とは、食事の糖質を極力カットする食事法のことです。

糖質とは人間の生命維持や身体活動などの欠かせないエネルギー源となっている

3大栄養素『タンパク質・炭水化物・脂質』のうちの一つ『炭水化物』の一つです。

 

炭水化物は、消化吸収できる糖質と、消化吸収できない食物繊維にわかれます。

 

糖質制限をすると痩せる仕組みとは

なぜ、糖分を摂取しないとやせるのか。その仕組みをお伝えします。

血糖値の急上昇を防ぎインスリンの分泌をおさえるから

砂糖のたくさん入った食べ物を食べると、血液中の血糖値が急激に上がります。

血糖値を下げようとしてインスリンが分泌されます。

このインスリンの働きで、糖が脂肪に変わり、内臓脂肪が増える=太る

 

血糖値が上がらなければ内臓脂肪が増えず、太らないというしくみになっています。

 

エネルギー源として中性脂肪の利用が増えるから

カラダを動かすエネルギーである糖質の摂取量が少なくなると

体内ではエネルギー不足を補うため、蓄積されている中性脂肪や

体脂肪を分解してエネルギー源を作り出します。

 

中性脂肪を分解するとき、肝臓では『ケトン体』と呼ばれるエネルギーの元を作り出します。

この『ケトン体』が糖の代わりになり、カラダを動かすエネルギー源となるのです。

ということはカラダの中で

『糖質が不足しているから脂肪を分解してエネルギー源となるケトン体をどんどんうみだそう』

という働きがおこり体脂肪の減少に繋がっていくのです。

 

 

糖質制限ダイエットのメリット

ケトン体代謝体質(体脂肪を分解することができる)になり体脂肪が減少しやすくなる。

インスリン分泌が抑えられ体脂肪がたまりにくくなる。

インスリンは血糖値をコントロールしていて、食後摂取した糖を身体の細胞に

運ぶ役割をしています。

大量に分泌されると糖質を体脂肪としてため込む働きが強くなってしまいます。

大量に分泌されるときというのは、空腹時に糖質を大量に摂取したときなんです。

なので、糖質を抑えるということは、この体脂肪をため込むインスリンの分泌を

抑えるということにつながりますね。

最近の『野菜から食べましょう』という食べ方の傾向は

このような血糖値を急激にあげないという理由からきています。

 

ダイエットに適した栄養状態になる

体脂肪として溜まりやすい糖質の摂取を減らすことで

ダイエットに適した栄養状態になります。

特に炭水化物を好んで食べている人にとっては

大きな効果が期待できるでしょう。

 

糖質制限ダイエットのデメリット

タンパク質や脂質を過剰に摂取しやすくなる。

糖質以外ならなんでも食べたいだけたべていいと間違った捉え方をして、

タンパク質や脂質をとりすぎてしまう傾向があります。

減量を意識し過ぎて糖質だけでなく食事量全体を減らしてしまう

このダイエットを長時間つづけることによって

摂食障害でと発展する可能性も高くなる恐れがあります。

 

筋肉量が減ってしまう

 

 

 

 

糖の代わりになにを食べるのかが重要

糖質オフにばかり気をとられて大切な栄養素が少なくなるのはダメです。

特にタンパク質をとらないでいると基礎代謝が下がって太りやすくなるので

しっかりとりましょう。

 

カロリー制限ではなく、糖質制限です

脂質も適量にとりながら野菜や海藻類を十分に取ることが大事になってきます。

 

まとめ

適切な糖質制限は、ケトン体代謝体質になったりインスリンの過剰分泌が

抑えられるのでダイエットに効果的です。

ですが過度な糖質制限は、栄養バランスの崩壊や筋肉量の減少などを招く

恐れがあるため体調の不調を招いたりします。

 

長く続かせるためには、昔ながらのバランスのとれた食事と

筋肉維持のための適度な運動が必要になってきます。